2月最終日今年はうるう年

その他

こんにちは。こんばんは。学習塾Studyatの塾長です。

今月も最終日となりました。今日は雑談をさせていただきます。

今年はうるう年ですね。平年より、2月の月の日数が1日長くなっています。

うるう年とは
うるう年は、太陰太陽暦では、月の運行を基準にしていることで生じる季節とのずれを補正するために、平年より暦月が一つ多く、太陽暦では季節と暦のずれとを、太陰暦では月の運行とのずれを補正するために、平年より暦日が一つ多い。 

参照元:wikipedia

うるう年は基本的には4年に一度です。そのため、うるう年に生まれたお子さんは4年に一度しか正式な誕生日がきません。これでは、周りの子より誕生日が少なくなるため悲しいです。そのため、前後に誕生日をずらしてお祝いするご家庭が多いのではないでしょうか。

また、結構知られていない可能性がありますが、実は法律上でも2月28日午後12時に歳をとると定められています。

【民法143条2項】

週、月または年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月または年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月または年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

例えば、3月2日が誕生日の人の場合、3月2日を起算日とし、翌年の3月1日に1年が満了することになるため、法律上、同月1日午後12時になったときに歳をとります。

いわゆる、2月28日を満了日として年齢を計算します。そのため、2月29日生まれの人は、うるう年、平年を問わず、2月28日午後12時になったときに歳をとるということです。

参照元:yahoo!ニュース

本日は、4年に一度のうるう年についての内容でした。2月29日生まれの方はこちらの内容を知っておくといいですね。

今回は以上です。