中学生が塾に通うメリット!学年ごとに解説!

その他

中学生の時期は学習が複雑になり、将来の進路に向けての準備が本格化します。高校受験という人生の大きな分岐点があります。高校受験をどのように経験するかで今後の進路は変わってきます。多くの中学生は高校受験を意識し始めて塾に通うことが多いです。では、塾に通うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、中学1年生から2年生、そして中学3年生に焦点を当てて、それぞれのメリットを紹介します。

中学1年生から2年生

1.学習内容のフォロー

小学生と比べ中学生の学習内容は大幅に難しくなります。国語では古文などがでてきたり、数学では文字を使ったり、理科・社会では一つ一つの内容をより深く学習したり、英語は文法を学習するようになります。そのため、科目によっては授業内だけで理解できないことも多々あるでしょう。その時に、塾という場所が大きく役に立ちます。塾できちんと学び直すことで、理解できなかった内容を理解することができます。この積み重ねによって、学びが深まり、学力が向上していきます。

2.自己管理の大切さを学ぶ

自己管理能力が高い人は、常に目的や目標を持っています。 目標を持つことで達成するために、時間の使い方を考えたり、体調に気を配ることができるようになります。 また、目標達成を阻害する誘惑に負けないようになるといった、自分に対する厳しさを持つことができます。これを、学生の頃にきちんと育むことで、大人になった時に優位に立つことができます。また、受験生になった際に志望校に合格できるように頑張ることができます。

3.個別指導で理解を深める

学校の授業は集団のため、学生1人1人のペースに合わせてはくれません。塾では個別指導が行われ、各生徒の理解度に合わせたサポートが提供されます。1人1人のペースにきちんと合わせて授業を進めていくため、着実に学力を向上させていくことが可能です。

 

中学3年生

1.受験対策と進学先の準備

中学3年生は受験対策や進学先の選択が焦点となります。多くの学生は受験というものを初めて経験します。そのため、何をしたらいいのかわからないでしょう。しかも、学校は基本的には何も教えてくれません。そのため、受験生の方には、どのように勉強をしていく必要があるのかなど学習内容の指導だけではなく、勉強方法なども指導していきます。その結果、無意味な勉強をせずにすむため、最短距離で学力を向上させることができます。

2.模擬試験やアドバイスによる効果的な対策

塾では模擬試験が行われ、それに基づいたアドバイスやフィードバックが提供されます。これにより、受験本番に向けての戦略や対策を練ることができます。受験はただ教科書を読んで勉強するだけで合格できるほど簡単ではありません。とくに、レベルの高い高校はそれでは合格できません。きちんと、戦略を練ることが大切です。しかし、自分でやることは難しいです。だからこそ、塾に通い、受験勉強をサポートしてくれる環境に身を置くことが大切です。

3.将来へのキャリアカウンセリング

中学3年生は進路選択が迫っています。塾では将来へのキャリアカウンセリングが行われ、生徒たちが自分の興味や適性に合った進路を見つける手助けをします。中学3年生の多くは、将来やりたいことというのがまだ決まってないことが多いです。また、決まってたとしても、その後変わることが多いです。そのため、学生のころはとにかく色々な経験を積み、知識を蓄えていくことが大切だと私たちは考えています。その結果、選択肢が増えます。

中学生時代は将来に向けての基盤を築く大切な時期です。塾を通して、学年ごとのメリットを最大限に活かし、充実した学びの経験を積んでいきましょう。