おすすめ勉強方法3選

勉強について

こんにちは、こんばんは。学習塾Study atの柄澤です。

今回は「おすすめ勉強方法3選」についてお話しします。

小学生で本格的に勉強するようになり、テストが行われるようになります。そして、テストで高得点、100点を目指して勉強をするようになります。しかし、学校ではテストで高得点を取るための勉強方法を教えてくれません。基本的には、課題をやれと言われるだけでしょう。

しかし、課題をやって、テストで100点を取れますか?おそらく、難しいでしょう。では、どうすれば、100点、もしくは高得点を取ることができるのでしょうか?学校の教育は、実はこれを自分自身で試行錯誤して、自分にあった勉強方法を見出してという狙いがあると思われます。これは、社会に出た時に必要になる、問題解決能力を鍛える働きがあるのだと思います。初めから、正解を求めるのではなく、自分で正解を見つけ出して欲しいという願いなのだと思います。

しかし、無駄なことはあまりしたくないですよね。好きでもない勉強は最低限の努力で、最高の結果を出したいと思いますよね。そのために、今回は当塾がおすすめする勉強方法を3つご紹介します。

当塾がおすすめする勉強方法3選

1.計画を立てて勉強する。
2.ポモドーロ法を利用して勉強する。
3.テスト形式で勉強する

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

1.計画を立てて勉強する。

計画を立てずに勉強することは非効率と言えます。成績上位者は全員計画を立てて勉強をしています。最初から、細かく計画を立てる必要はありません。まずは、今日は〇〇を覚える、とか、数学の課題を〇〇までに終わらせる、など簡単な計画を立てましょう。逆に計画を細かく立てすぎると、計画倒れになります。それでは、勉強のやる気が下がってしまうので、大まかに計画を立てる練習から始めていきましょう。計画を立てるのに時間を使うのは勿体無いです。

🔸特にこのような人におすすめ

・テスト週間の期間で課題に追われている方
・勉強して本当に見になっているか不安な方
・受験生

🔹計画を立てることのメリット

計画を立てることで、無駄な時間を過ごすことがなくなります。無駄な時間というと、例えば「あれもやらないとな、これもまだ終わってない」と目の前のこと以外に気がとられて集中できていない時間です。とても、勿体無いです。これらは、計画を立てることで解決できます。

2.ポモドーロ法を利用して勉強する。

ポモドーロ法というのは、25分勉強して、5分休憩する、サイクルで勉強を行う方法です。人の集中力はもって90分が限界と言われています。無理して、長い時間頑張ろうとしても、肝心な中身が薄い状態になりがちです。そのため、割り切って、25分勉強して、5分休憩するというサイクルで行ってみませんか。意外と、すぐに時間が来てしまいます。この感覚は、集中力が高い状態となっていると言えます。集中力が高いと、時間がすぐに過ぎてしまった経験がありませんか?集中している時は、目の前のこと以外のことは気にならないからだと思います。

特に集中力が必要となる数学の勉強などはポモドーロ法を用いて行うと、効率は上がりますし、質も上がります。

🔸特にこのような人におすすめ

・勉強をあまりしたことがない人でこれから頑張りたい方
・集中したことがない方
・頭の中にいろんな思考が彷徨っている方

🔹ポモドーロ法のメリット

時間を測ってメリハリをつけることが効率をあげ、質をあげます。目の前の勉強内容以外のことに気がとられている状態は集中できているとは言えません。長時間勉強している方によく見られる現象です。いっそのこと、25分勉強して、5分休憩するため、その5分にスマホをいじったり、何か違うことを考える時間に見立てることで、メリハリをつけれます。その結果、25分間の集中力が高まります。

3.テスト形式で勉強する

勉強することはたくさんあると思います。課題を解いたり、知識を暗記しようとしたり。これら全て、頭に定着させるために行っています。しかし、頭に定着させるためには1回だけ行ってもできません。勉強する時は、必ず数回同じ内容を勉強することを前提に行いましょう。そして、勉強することでおすすめなのがテスト形式です。いわゆる、何もみずに、思い出して、回答を書くことです。暗記科目で、赤シートで隠して、隠れている内容を思い出す方法も、テスト形式と言えます。全ての科目において、このテスト形式で勉強することがおすすめです。

多くの生徒さんは、一番初めは、何も知らない状態です。そのため、教科書を見て、内容を理解したり、知ることから始まります。しかし、これだけではテストで解けるようになりません。大事なのは、その後、きちんと定着しているのかを確認することです。何も見ずに、ノートにさっき勉強した内容を思い出しながら、書き出しましょう。これを繰り返していくことで、定着していきます。俗に言う、復習ですね。

🔸特にこのような人におすすめ

・今まで繰り返し復習をしたことがない人
・小さい頃くもんの教材を使って勉強したことある人
・3~10回同じことを繰り返せる方

🔹テスト形式のメリット

テストがあるから勉強しますよね。それであれば、テスト形式が最もいい勉強だと感じませんか?本番と同じ状況下で自分で思い出すことをしています。それを勉強している時に行うことで、本番でも思い出せるようになります。

また、「自力で解けた」という状態を目指すため、解ければ解けるほどどんどん勉強が進みます。これは、勉強のやる気にも繋がります。しかし、慣れてない最初は、全然思い出せずに、解けない状況が続きます。しかし、繰り返していくことで、1問、また1問解ける問題が増えるはずです。これを、全ての問題を自力で解けた!となるまで繰り返すことがテスト形式で一番大切なことです。

勉強っていつまでする必要があるのか?と聞かれたら、「一生」と答えます。勉強頑張りましょう。今回は以上です。