成績UPに必要なのは勉強記録を残すこと

勉強について

こんにちは。こんばんは。学習塾 Study at の塾長です。

今回は、「成績UPに必要なのは勉強記録を残すこと」についてお話ししていきます。

勉強記録を残すことがいかに大事なことなのかを知っていただけたら嬉しいです。

勉強はやみくもにやれば成績が上がるとは限りません。とくに、多くの学生は、終わらせることが目的になっている勉強ばかりではないでしょうか?学校の課題、テスト習慣の課題、長期休暇の課題など、終わらせることが第一になっています。これでは、成績は上がりません。

成績がいい子は何を勉強したら、どの課題をどれだけ解きなおしたら、テストで解けるようになるのかを知っています。だからこそ、何度も高得点を取れたり、成績上位にいたりします。これができている要因の一つは、勉強記録です。勉強記録を残していることで、自分がどれだけ勉強したら、どれだけの点数をとれるのかが分かります。

一番危険なことは、なんかテストでできちゃった、なぜか今回解けた、という状況です。この状況は、なぜ?できたのかがわからない状況です。そのため、次も同じようにテストで解けるようにするために何をしたらいいのか分かりません。何をしたらいいのか分からないため、次同じようにテストを受けた時解けるとは限りません。この状況の生徒さんがほとんどではないでしょうか。ここから、抜け出すために、まずやるべきことは記録を付けることです。

 

記録を付けるということは、そもそも勉強をしているのかどうかが分かります。生徒さんの多くは、なぜ成績が上がらないのか、わからない子が多いです。その多くは、「勉強量が足りてない」ことをなんとなく自覚しているけど、その点は関係ないと考えないようにしています。そのため、私はまず何を勉強しているのか、どれくらい勉強しているのか、を数値ではっきり答えてほしいと生徒さんに聞きます。しかし、曖昧に答えたり、もしくは答えることができません。それはつまり、勉強していない(勉強量が足りていない)ことと同義です。だからこそ、塾に入って、まずは勉強量を増やそうね!と言います。

勉強記録を付けることを徹底することが成績UPに繋がることは、歴代の成績上位者の方たちを見ていても一目瞭然です。勉強記録を付けることで、視覚的に判断できます。私たち、教育者側はよく言います。勉強量が全然足りてないよね、と。しかし、生徒さんにそのことを伝えてもあまり心に響かないため、「はい、そうですね…」で終わります。その後、勉強量が増えることはありません。しかし、これを視覚的に見ることができるようになると、心に響くようになります。全然勉強できていないことを痛感できます。言われるより、見せられた方が、生徒さんに響きます。これは、私が今まで教えてきた中での経験則ですが絶対だと思います。

勉強記録を付けることは、勉強量を増やすことに繋がります!

 

勉強量は十分やっているけど、成績が上がらない方が記録付けを徹底することで、成績UPに繋がります。その理由は、記録があることで何をしているのか具体的に分かるからです。具体的というのは、いつ、どの問題集のどのページをやったのか、どれくらいやったのか、ということです。これらの情報が分かることで、勉強方法を改善できます。これができることも、記録を付けるメリットです。

多くの方が勉強方法を新しいことをやりがちです。しかし、それでは勉強方法を改善できているとは言えません。勉強方法を改善する点はいろいろあります。その中でも当塾が重要としている点が、復習するタイミングです。復習するタイミングを意識することはすべての科目で応用できます。そして、復習するタイミングを変えることで知識が定着し、テストで確実に解けるようになります。この、復習するタイミングを徹底して管理するために、勉強の記録をつけることが重要です。

人は一度で知識を覚えることはできません。復習が必要です。復習をすることを前提に勉強をすることが大切です。そして、その復習をするタイミングが勉強の効率を左右します。効率がいい勉強を求めている方は勉強の記録付けは必須です。

まとめ

記録を残すことのメリット

1.再現性が取れる。(何度もいい点数を取れるようになる)
2.勉強量を増やすことに繋がります。
3.勉強方法を改善できる。

当塾は勉強記録を徹底的に管理しています。勉強記録を付けることが成績UPに繋がる一番の要因だと考えているからです。小学生の方は中々自分自身で記録を付けることが難しいと思うため、講師の方が生徒さんに聞き取りを行って管理をしていきます。小学生高学年の子から、自分でも記録ができるようになってもらうため、自分自身で手書きで管理してもらうようにします。その内容を月1の面談時にチェックし塾長による徹底管理を行っていきます。

次に、中学生に上がってからは、記録付けプラスで計画力を付けてほしいために、記録付けを完璧にこなせている生徒さんから順次計画を立てるようにシフトしていきます。その結果、自分自身で勉強ができるようになります。その上で、全科目の勉強管理を徹底していきます。

私たちは、中学生の時点で自分自身で目標に向かって勉強できるようになってもらうことを目指しています。そのために、重要なのが、小学生の内にきちんと勉強記録を付けていくことだと考えています。

今回は以上です。少しでも当塾に興味を持っていただけたら嬉しいです。子供が中学生になってから、勉強に苦労してほしくないと考えている親御さんは、まずは当塾の無料体験に参加してくださいね!!

以下から申し込みができます。