成績を上げるのは本人、塾はそのサポーター。

その他

こんにちは。こんばんは。学習塾Study atの塾長です。

今回は、塾の役割に関してお話ししたいと思います。
当塾がどのように指導しているのか、当塾の生徒さんにどうなってほしいのかを知っていただけたらいいなと思います。

当塾はこう考えています。
「成績を上げるのは本人、塾はそのサポーター」と。

塾は授業を実施する場所であり、先生は授業、面談をして勉強面を指導する人です。
あくまでも、成績を上げるために勉強するのは生徒さん自身です。これを間違えてはいけません。
塾に通ったら自然と成績が上がるわけではありません。

塾に通っている生徒さんで成績が上がっている、そして成績を安定させている子の、塾に通い初めてから成績が上がるまでの流れについてまず知ってほしいです。

①入塾⇒初回面談⇒目標行動決定 ②予習授業で学習 ③宿題を実施 ④学校授業で復習 ⑤テスト勉強の指導 ⑥テスト前に再度復習 ⑦テスト実施⇒返却⇒点数UP ⑧テスト後反省会

このような流れで指導を行っています。

②、③、④、⑥、⑦は本人が頑張って勉強している段階です。私たちは、生徒さんが「分からない!」という状況を極力なくし授業を行っています。そのため、生徒さん自身で復習する際の辛さはいままでよりグンと減ります。その結果、勉強のやる気に繋がり、テストに向けて勉強を頑張ろうという気持ちに繋がり、勉強できるようになりました。

以上の流れが塾に通い始めてから成績が上がるまでの流れです。このように、生徒さん自身が勉強を頑張ったことで、テストの点数UPにつながりました。私たちは、授業を実施して、勉強方法を指導しただけです。しかし、私たちの授業が生徒さんのやる気に繋がったことは事実です。生徒さんのやる気を上げるきっかけが入塾して授業を受けたことです。

勉強のやる気を上げる方法はいくつかあります。その中でも当塾は、「苦手を作らない授業」によってやる気を上げることに繋げようと考えています。

勉強のやる気は「分からない、解けない、できない」状況があることで下がると考えています。だからこそ、私たちはこの状況を無くすことができたら、やる気が上がるのではないか?と考えました。そして、行っていることが「苦手を作らない授業」です。生徒さん自身が、授業内で自力で解けているかどうかを単元一つ一つ丁寧に判断していきます。その結果、自力で解ける問題も増えていき、「分かる、できた」に繋がり、この積み重ねが勉強のやる気に繋がっています。

ここまで、塾に通っている生徒さんが成績を上げるまでの流れについてお話ししましたが、次は逆です。塾に通っている生徒さんで成績を上げられていない方についてお話しします。

私たちが生徒さんにやれることは、成績を上げられている子と同じです。なぜか?

理由は、「行動できているかどうか」です。成績を上げられていない子は宿題のやり込みが少なかったり、そもそも中途半端にやっていたりします。また、目標行動を守ることができてなかったり、テスト前の復習がおろそかになっていたりします。あきらかに、成績を上げられている方と上げられていない方では行動しているかどうかに差がでてきます。

せっかく、授業では自力で解ける状態になっているのに、宿題を中途半端に行ったり、復習ができてないことによって、授業でできていた状態なのに、その後自力では解けなくなってしまっています。理由は、内容を忘れてしまっているからです。「忘れる」というのは勉強で最も勿体ない状況です。せっかく、初めて学習した内容で、その時はできたのに、数日たったころには忘れてしまっています。有名な話ですが、人はその日に新しく学習したことを次の日には8割近く忘れてしまうという研究結果があります。エビングハウスの忘却曲線という話です。忘れないためには必ず復習することが必要です。同じ内容を繰り返し勉強することで忘れにくくなります。そして、もう絶対に覚えているという状態までもっていき、テストに挑まなければ成績UPは見込めません。これをできているかどうかが、成績を上げられるかの鍵になります。これは、塾に通ったからと言ってどうこうできることではありません。これは、自分自身で頑張らないといけないことだからです。もちろん、そのために当塾としては勉強のやる気を上げられるように全力でサポートはしています。しかし、勉強するのは自分です。頑張らないといけないのは生徒さん自身です。

勉強を頑張ることは大変です。辛いです。小学生、中学生の方が自分自身から勉強を頑張ろうと思える子は少ないです。だからこそ、この面を私たちがサポートします。当塾の魅力がここです。

他塾とは比較にならないくらいのおしゃれな空間の実現です。
塾って勉強を頑張らないといけない所というイメージが強くて、通いたくないなと感じる子は多いです。このイメージを変えたいと思い、カフェ風の空間を作りました。勉強は空間がよければ辛さは減るし、頑張る力は増えます。

また、「苦手を作らない授業」の実施により、そもそもの勉強をやりたくないという気持ちを無くせるように指導を行っている点です。勉強をやりたい!と思える方は少ないと思います。しかし、ほとんどの方はテストで悪い点数をとりたくない、いい成績をとりたいと考えています。しかし、現状は「分からない、できない」という嫌な思い出の方が強く、それが積み重なってしまった結果勉強をやりたくないと思ってしまいます。だからこそ、その元凶を無くしてあげたいと思います。それが、「苦手を作らない授業」です。

多くの生徒さんは、一人で勉強している時に、「分からない、できない」という状況があり、勉強をやりたくないと感じています。「一人で」勉強している点がまずきつい状況をつくってしまいます。誰にも教えてもらうことはできません。そのため、「分からない、できない」という状況があると、その内容を放置してしまい、その結果どんどん分からないことが増えます。負の連鎖に陥ります。そのため、私たちはまずは先生と勉強を頑張ろうというスタイルをとり、生徒さんのペースに合わせて、分からない内容を何度も何度も繰り返し説明をします。そして、必ず自力で解けた!という状態までを目指しています。

今回は以上です。当塾に少しでも興味があれば、是非無料体験に参加してくださいね!
下記申し込みできます!!